仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

塗屋ブログ

ブログ

梅雨シーズンは外壁の痛みが目に見えてよく分かりますよ!

修理・補修
外壁の痛み具合は手で外壁を触って白く粉末みたいなヨゴレがつくチョーキング現象(防水塗料が劣化してパウダー状になっている劣化症状)が1番わかりやすい劣化確認方法ですが、雨で濡れている外壁や屋根を道路から見るとあからさまに痛み具合がわかります。

屋根は防水効果があれば雨水は流れて落ちてきれいに見えます。
しかし、痛みが進行していると雨水を吸水している状況なので、屋根自体が水を吸いこんだダンボールのような感じに見えると思います。

外壁は、やはり防水効果がある状況では雨水は流れて落ちていると思いますが、防水効果が劣化して傷んでいると、やはり水分を吸って外壁がしっとりとして見えます。
ひどい場合はカビやコケがとくに目に見えて目立っていると思います。

これが雨降りのときに外壁を目で見て、劣化確認する方法です。
プロやリフォーム営業の方も同じポイントを見て痛みの多いところにリフォームの営業をしにいきます。

みなさんも雨降りに外から自宅をみてみると痛み具合がよくわかりますよ。
その場合は早めの直しが、一番お金を抑えられるリフォームのやり方です。
その痛み具合を放置しておくと直しのお金は大きくなります。必ず。

虫歯を放っておいて歯医者にいかないと治療できない状況にまでなっていて、歯を抜いて差し歯や入れ歯で不便な生活を強いられますよね?
建物も同じ考え方です。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら