仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

外装リフォームをお考えの方に

外装リフォームをお考えの方へ、プロが見るポイントを徹底解説!

【 屋根 】点検・調査はココを見ます!

コケは、とくに北面や日当たりの悪い面での発生が多いです。コケは水分がないと生存できないのでコケが目視できる部分は雨水や汚れがコケに付着して屋根全体の傷みが進行する原因にもなります。
特にケイミュー(旧クボタ・松下)コロニアル屋根材にこの症状が多く見受けられます。クッキーのように簡単にパキッと割れてしまうほど痛んでいる場合があります。
棟板金の押さえ釘の浮きは暴風などで浮いてきて最悪は飛ばされて雨漏りするケースもあります。
押さえ釘が浮いていると雨風で下地の木材に水がまわり腐食して釘が効かなくなってしまいます。
雨樋の大半は塩化ビニール樹脂製品です。(お寺や仏閣などの銅製品の雨樋はココでは除きますね)
樹脂製品は温度の寒暖差で多少の収縮をしますので接合部分の接着剤が劣化してしまうとソコから雨水がポタポタと漏れてきたりゴミや腐葉土が詰まって雨水をせき止めたり逆流する場合があり雨水が外壁材を伝わり外壁を痛める原因にもなります。
木製の破風板材は表面のコーティングが劣化すると割れたり反り返ってきたりします。
既製品の破風材はジョイント部分やコーナー部分は外壁と同じくシーリングを充填して仕上げてありますので経年劣化で亀裂や周辺のハガレが発生している場合があります。

次の写真のように古いシーリング材を一度剥がした上で、再充填する必要があります。この後もシーリングについて説明があります。

【 軒天 】点検・調査はココを見ます!

軒天材の押さえ釘のサビ・雨シミの跡

雨シミ跡があると雨水が浸透して回り込んで天井材がフカフカしていたり周辺の塗装のハガレが発生していたりします。そういう場合は原因がありますので天井材をはがして原因を追究して修理してから再塗装をします。そうしないと、せっかくキレイに再塗装しても、また雨シミが発生したりハガレが再発します。要注意です。

【 Point 】軒天は湿気がこもりやすい

穴が開いている軒天材や換気口を見たことはありませんか?
これは屋根裏に溜まる湿気を排出させ内部結露を防ぐ役割を持ちます。軒裏換気だけでも充分効果はありますが換気には入口と出口、つまり空気の流れができるように2箇所以上の屋根裏換気を併用すると更に高い効果が期待できます。

【 外壁 】点検・調査はココを見ます!

外壁の色褪せ(チョーキング現象)は防水塗膜の劣化の症状です。
外壁がサイディング材の場合、ジョイント部分と開口部まわりはすべてシーリングで仕上げてあります。
シーリングが劣化して割れや破損していると、どんなに高級な塗料で仕上げても意味がありません。
外壁がトゲトゲしているリシン壁や吹付で模様を形成している外壁も亀裂や割れ部分から水分が内部に浸透してしまいます。寒い冬場に浸透して水分が内部で凍結して体積がふくれ、外壁材が破損する原因にもなります。

【 足場 】作業前にココを見ます!

狭い立地などの足場・階段の設置スペース

しっかりとした足場を設置して、安全を確保した上できちんと作業ができるように、狭い立地でも足場や階段は設置できることが大切です。
他にも、お客様の庭木や草花・近隣の状況・車の有効駐車スペースの有無なども必ずチェックしています。

足場が不安定だったり手が届かない場所などがあると、最後まできちんと仕事ができません。
目に見えない部分を適当に処理してしまっては欠陥住宅と同じです。
安全かつ確実に重い材料や仕上げ材を運ぶ為にも、昇降階段の設置は必要なことです。

※墜落・転落災害の防止のため安全衛生規則については以下の通り

庭の植栽にも気を配っています

お家の方が大事にされている植栽がある場合は、工事に関わるみんなが把握・注意していないと、うっかり大事な植栽を傷つけてしまったり、踏んで枯らしてしまうこともあります。
せっかくのリフォーム工事をしても、気分を害してしまってはすべてが台無しです。

「小さな草花への気配りまでできてこそプロの仕事である」
と私達は考えております。

外装の塗装工事前に高圧洗浄するのはなんで?

この質問に説明をし始めると、ご理解が早いのはやはり女性です。外装の塗装工事は、女性のお化粧と同じ要領であるとすぐにお気づきになられます。

結論を言ってしまうと、下地作りの有無によってお化粧(塗装)のノリや持続性が全く異なるということです。

・洗顔をして、毛穴や角質の汚れを落としてから、下地を作ってファンデーションと仕上げていく。
・外壁の高圧洗浄をして、外壁のゴミやホコリを落としてから、下地を作って仕上げ塗装をしていく。
大分似ていますね!

男性の車好きな方向けに言い直しますと、ホコリやゴミが付着したまま、洗車もせずに自分の愛車へ高級ワックスをすり込んだりしませんよね?
それと同じようなものだとお考え下さい。
全ては下地作りの為です。

仕上がりのキメの細やかさや美しさはもちろんのこと、持続・耐久性も全然違います。
窓サッシに溜まっているゴミやホコリ、網戸の真っ黒なヨゴレ、玄関付近のタイルやコンクリートのコケ汚れも、高圧洗浄ですべてキレイに洗い流してしまいます。

高圧洗浄作業を行っているときの様子を内側から見ていると、自宅まるごと車の洗浄機に入ったみたいで、とても気持ちがスッキリする!とお客様から喜ばれています。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら