仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

手塗り職人 佐藤英一郎のブログ

ブログ

テレワーク中でも女性ができる簡単にできるカフェ風!模様替えDIY!

DIY
コロナ自粛や職場のテレワークなどで、お家時間が多くなってしまって部屋の模様替えにチャレンジしてみよう!
と考えている人も多いのではないでしょうか?

今回は女性が出来る簡単プチ、カフェ風リフォームを紹介しますね。
お部屋の殺風景なところをニューヨークのカフェを一部切り取ったような感じにしてみます。

(リフォーム前)

用意するのはコチラ👇
①周りを汚さないように養生ビニールとマスキングテープ
②ニューヨークのカフェにありそうな白いタイル (ネットショップから購入)
③内装タイル用の接着剤(こちらもネットショップで購入。付属で接着剤を塗りつけるヘラも付いてました。)
④タイルの目地材(ネットショップでもホームセンターでも購入できます)
⑤最後にタイルに着いた目地材を拭き取るときに使う水を入れるバケツ、スポンジ、細かい所を掃除するハケもしくは絵などで使う筆でも代用可能です。
⑥タイルをカットするタイルカッター
(ネットショップやホームセンターで購入できます。)

↑今回使うタイルと接着剤


では作業に入りますね〜
まずは汚したくない部分にビニールやマスキングテープなどで養生します。
とくに床面は少し広めにビニールで養生しておくといいですよ。
これがあれば接着剤や目地材がボドっと落ちても大丈夫。


次にタイル用の接着剤をヘラで全体的に塗っていきます。 
貼り付けまで30分くらいは乾かないので、ゆっくりでも大丈夫でした。
ポイントとしてはタイルを3列づつ貼っていけるように接着剤を塗ることです。
この方が、接着剤が乾いてしまう〜と後で焦らないで、ゆっくり進めていけます。

接着剤を全体に塗ったら上から順々に白いタイルを一枚づつ、接着剤にくっつけて貼っていきます。

段ボールを物差しみたいに小さく切り取り、タイルとタイルの間に突っ込んで目地の間隔を均等にしました。
二列目は上の列から半分ズラして白いタイルを貼っていきます。

これを繰り返して全体に白いタイルを貼っていきます。
途中で端っこ部分に貼る、中途半端なタイルは物差しで長さを採寸してタイルカッターでタイルを切って貼りましょうね。


室内の温度が高いと接着剤の乾きも早いですが私は一晩、そのまま放置してタイルが接着剤としっかり固まるまで、そのままにしておきました〜
結構、ズボラな方なのでタイルを貼るのに集中し過ぎて疲れちゃいましたし、、、
コーヒーブレイク☕️をして、その日は終了しちゃいました(笑)

次の日へ続く

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら