仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

手塗り職人 佐藤英一郎のブログ

ブログ

日陰になる外壁は藻が付きやすい! ご家庭でも出来る藻の取り方と予防方法!

豆知識
日が当たらない外壁はどうしても藻やコケが付着してしまいます。



藻やコケ等の微生物は風通しが悪い湿気のあるところに出来やすいので、なるべく風通しを良くするために物置や鉢を置かないようにしましょう。
藻やコケのお掃除をする際は、大変危険ですので脚立の使用は控えて手の届く範囲にしてください。
「外壁 洗浄 ブラシ」で検索すると、柄の長い外壁掃除用のブラシがありますので、高いところはこちらを使用するのも良いですね。

ご家庭にあるホースやケルヒャー等を使用し、外壁を水で流します。
(築年数が古い、又は塗装をしてからかなり年月が経過している場合は、洗浄をすると塗膜が取れてしまう恐れがありますのでお止め下さい)
柔らかい面のスポンジか先ほどの柄の長いブラシ等で、藻やコケをこすって落とします。
塗装工事前の高圧洗浄時も、柔らかい面のスポンジを使って汚れを落としています。


このスポンジでかなり藻は取り除くことが出来ます。
藻やコケは微生物ですので、取り除かなければどんどん増殖していきます。
見つけたら掃除をするようにしましょう。

塗装工事では高圧洗浄をしたら塗装に入りますが、ご家庭でのお掃除の場合は、藻やコケ防止用の洗剤等を吹き付けて予防すると良いと思います。
もしご自分で頑張ってみても汚れが中々取れない場合は、外壁塗装を考える時期かもしれません。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら