仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

塗屋ブログ

ブログ

塗屋の外装リフォーム工事には安心の保証つき!

修理・補修
塗屋の外装リフォーム工事には契約内容により諸条件はありますが、工事後からスタートする保証がついております。

保証内容は以下の3つです。
① 屋根塗装には最高10年間の塗装膜はがれ保証がつきます。
②外壁塗装には最高10年間の塗装膜はがれ保証がつきます。
③破風板、雨樋、化粧板などの付帯部塗装には最高で5年間の塗装膜はがれ保証がつきます。

密着不良やゴミなどの不純物が原因で下地処理に不備があると、新しく高品質な塗装をしても数年で塗装が剥がれることがあります。

屋根にはサビ汚れやコケなどの微生物が生息する過酷な環境です。
そのまま下地をきれいにしないで新しく高品質な屋根塗料で塗装しても、一番下の状態が悪く密着していないと時間の経過とともに空気や汚れが膨張してきて、塗装膜の膨らみや剥がれに発達して屋根塗装のはがれになります。

外壁も同様で、コケやホコリ汚れが付着している状態のまま高品質な塗装をしても、時間経過とともに膨らみや剥がれが発生します。
外壁は地震などの影響で建物自体が揺れた時に、塗装膜が密着していない場所があればもちろん剥がれてしまいます。
せっかく高品質な外装のリフォーム工事をしても、工事後の不具合で再度補修やリフォームのやり直し費用が発生したら家計のに余計な負担がかかってしまいます。

だから塗屋では、外装リフォーム工事に保証をつけているんです。
下地処理からしっかりとした施工管理の元に高品質な塗装工事をしていきます。

他社では難しい長期間の耐久性保証書も発行しています。
高品質保証と自社の仕事に対する誠実な仕事をする証として保証書を、お客様にお渡ししております。


何故、破風や雨樋などの付帯部の保証が少ないの?と不審に感じる方もいらっしゃると思います。

それは、破風や雨樋の特性が関係しています。

例えば、破風板が木材の場合、築年数が浅ければ問題はありません。
しかし、古くなっている場合は、木材も痛み具合が激しく、温度差や水分の吸水性で伸び縮みします。
塗料も乾燥後は多少の収縮はできますが、あまりに収縮幅が多い場合は長期間密着していることに限界があります。
本来ならば痛み具合の激しい状態の破風板は、板金材料で既存の破風を包みこんで施工する破風板金工事を提案します。
しかし、破風板金工事をする場合は、雨樋の受け金物もすべて解体しなければならない為、費用もかさんでしまいます。
そんなに費用がかさむなら、そのまま塗料で塗ってください。と言われる場合が多いんです。
そのような事をふまえて塗装の保証期間が短くなっております。

雨樋も同様です。 
雨樋は樹脂製のため、夏期の収縮性は5cm前後まで伸び縮みします。
この繰り返される収縮に塗装膜は密着しております。
やはり収縮に密着する限界を過ぎると塗料膜の剥がれなどの症状が起きてしまいます。
塗装の保証期間が短いのは、そのような状況を加味しての事となっております。
雨樋も劣化や破損部分が多い場合は、塗装ではなく雨樋の交換を提案させていただいております。

お客様に工事後も安心して頂けるように、状況に合わせた最適な提案をしております。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら