仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

塗屋ブログ

ブログ

防水のトップコートって??

塗装
建物にとって、水の侵入は劣化を招く要因となります。
ですから、建物を守るためにも、陸屋根やバルコニーなどに防水層を施しておくことが必要です。

では、防水のトップコートとはどういうものか?

防水層を紫外線から守るという目的で行われるものです。

防水層はあくまでも水に対しての備えです。
ところが防水層は紫外線にとても弱いので、トップコート塗装をして守ってあげる必要があるのです。
もちろん、風雨にさらされるわけですからトップコートも、いずれは劣化していきます。

そのときには、わざわざ防水層の全面改修工事までする必要がある場合ばかりではありません。

防水保護トップコート工事は、このトップコートを、5~10年毎サイクルで塗りなおすだけで大丈夫です。


つまり、維持管理にかかる費用も期間も、トップコートのおかげで節約する事が可能です。

もしトップコートなしで済ませてしまうと、トップコートの塗り直し費用はかからなくなりますが、雨漏りなどで建物を修繕しなければいけなくなりますから、結果的に大きな出費となるのです。
さらに防水層を守るだけではなく、付加価値として、遮熱タイプのものもあるので、省エネ効果も期待することが出来ます。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら