仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

手塗り職人 佐藤英一郎のブログ

ブログ

屋根の塗替えは何回できるかな?やはり屋根塗装には限界があります。

塗装
金属系の屋根、コロニアル系の屋根、瓦棒トタン屋根、波トタン屋根、横葺きAT屋根においての屋根塗装には限界があります。
( 瓦系の屋根は除きます )

屋根塗装の限界とは?
塗装をしても期待するほど美観や防水塗膜がもたないという限界を示してます。
これは屋根材自体の素材の劣化限界も同様に示します。
屋根塗装の工程では高圧の洗浄を行います。
もちろん汚れは剥がれおちますが屋根材自体にも、かなりの負担をしいられる事になります。
塗装後も太陽光の高温と寒暖差による雨風などの湿気や結露、かなりの痛み具合の進行が考えられます。

屋根の塗替え塗装は3回が限界と思われます。 
それ以上の塗替え塗装は期待するほど持ちません。ましてや雨漏れが発生しても原因究明が困難な状態になっています。
屋根の塗替え塗装の周期を10年に1回と仮定して3回塗替え塗装をします。
屋根は建築時から40年は経過した計算になると思います。
本来ならば屋根の塗替え塗装は2回行い、3回目のタイミングでカバールーフなどの屋根の葺き替え工事に変更するのが最善の選択と考えております。

カバールーフ工事の費用は屋根塗装の3倍が目安になります。
あくまで参考にです。
建物の形状や使用する屋根材、機能面などの費用変動があります。
気になる方は一度、無料のお見積もりをしてもらうと計画がしやすいのでオススメします。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら