仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

塗屋ブログ

ブログ

屋根塗装の役割

修理・補修
屋根の塗装がなぜ必要なのか?そして、どんな役割があるかご存知でしょうか。
すぐに思いつくのは「屋根をキレイに見せる」という役割でしょう。
確かに屋根を塗装して美観性を上げるという役割もあります。
しかし、屋根塗装の一番重要な役割は「屋根が劣化しないように保護する」ことです。
屋根の塗装は7年から15年程度で紫外線や熱などによって劣化して保護の機能が落ちてきます。
屋根の塗装の保護が失われると屋根の劣化が急速に進み、建物内部にも影響がでてしまい、最悪の場合改修に多大な費用がかかる可能性もあります。
ですから、塗装による保護機能が失われる前に再び塗装によって保護機能を復元することが大切なのです。
この記事では屋根塗装が必要な理由、塗り替え時期の目安、屋根塗装の塗料の種類と選び方と費用感など、屋根塗装の基礎知識をご紹介していきます。
屋根塗装で悩まれている方はぜひ参考にしてください。


屋根塗装は家を守るために必要
日本瓦以外のスレート、金属屋根、ガルバリウム鋼板、セメント瓦などの屋根材は工場で塗装を行って屋根の上に薄い膜(塗膜と言います)がある状態で販売されております。
この図はカラーベスト表面(スレート屋根)の構造を表したものです。基材の上にある3層が塗装によって作られた塗膜です。

 
数年経過するとこの塗膜が劣化していき、保護機能が失われるため、再度塗装をする必要があります。
屋根を正常に保護できなければ、屋根・建物の劣化が急速にすすんでしまいます。
ですから、屋根を長く使いたい・家に長く住みたい、のであれば屋根塗装は絶対に必要です。
この章では、屋根塗装の必要性を塗装の果たしている役割を踏まえて解説していきます。
 
塗装の役割
①屋根をキレイにする
塗装によって屋根に「色」「つや」を表現し、住宅を美しく見せています。
経年劣化によって色褪せてしまった屋根を再度塗装することによって元の色に塗り直したり、違う色に変えたりと、塗装の役割で最もイメージしやすいものではないでしょうか。
 
②雨、紫外線、サビなどから屋根を守る
日本瓦以外のスレート、金属屋根、セメント瓦などの屋根はそれぞれ紫外線、雨、サビの発生に対しての耐性が高くないので塗装による保護がないとすぐに劣化してしまいます。
塗装で塗膜を形成することで、上記の外的要因の影響を最小限に留めることができます。

③遮熱や防汚の機能で生活を快適にする
塗料によって、「遮熱・断熱・防カビ・防汚・弾性・セルフクリーニング」などの機能を持たせることができます。
例えば、遮熱機能がある塗料は太陽からの熱を反射して屋根表面の温度を最大で20℃下げることができ、屋根の熱による劣化を抑えることができます。また、セルフクリーニング機能がある塗料は屋根に付着した汚れを雨によって流すことができます。
このように、塗装によって機能性を付加することで、現状の環境をより快適にすることができます。

家を守っているのは「保護の役割」
屋根塗装は「保護の役割」が特に重要です。
塗装による保護がなく、屋根が劣化してしまうと建物内に水が浸入して建物自体の劣化の原因となってしまいます。もし、柱や壁などの建物の重要な部分が傷んでしまうと、補修に多大な費用がかかります。
薄くなった塗膜のまま、放っておくと屋根を雨、紫外線から守っていくことができません。

屋根塗装が必要な劣化の症状と目安
建物を守っている屋根の塗装は、紫外線と熱によって徐々に劣化し、一般的に新築の場合10年、塗り替えをした場合約7~15年程度で本来の保護機能を発揮できなくなってしまいます。
屋根の劣化を早めないために、塗装の保護機能が落ちてきたら塗り替えで新しい塗膜で保護する必要があります。

 屋根の劣化状況から見る塗り替え目安
・色褪せ
屋根が色褪せしているということは、塗膜が薄くなってきて塗膜中の顔料が少しずつ外に漏れ出している状態です。この時期に塗り替えを行うと屋根の劣化を抑えることができます。塗装の保護機能が少し残っていますが、そのままにしておく事はオススメしません。専門家や塗装屋に塗り替えの時期を相談するようにしましょう。

・カビ・コケが発生している
塗装の保護機能が低下して屋根が水分を含み、カビ・コケが発生しています。カビ・コケが屋根にくっついていると屋根の劣化が早くなってしまいますので、コケ・カビの除去後、塗り替えを行う必要があります。

・屋根が反っている
塗装の保護機能がなくなり、屋根に水が染み込むようになってくると、温度変化によって吸水、乾燥が繰り返されます。それに合わせて屋根材が膨張したり反ったりすることでダメージが蓄積され、徐々に反りが大きくなってきます。反りが強い場合には張り替えを行う必要性が出てきますので、反りの発生を抑えるために塗装の保護機能を切らさないようにするか、早期の発見が大事になってきます。
・ヒビ・ワレが発生している
ヒビ・ワレの発生は飛来物の衝撃によるもの、劣化によって起こっているものの2つがあります。
①飛来物による物であれば業者に頼み、補修をした後に塗り替えを行いましょう。
②劣化の原因は塗装の保護機能が無くなったことによってセメント瓦やスレート瓦内部に含まれているカルシウムが溶け出し、屋根の構造がもろくなってしまうからです。ヒビ・ワレが起こっている箇所が一部であったとしても屋根全体の劣化が進んでいる可能性が高いので塗り替えよりも葺き替えがいい場合もあります。外壁劣化診断士のいる業者に劣化具合の診断を頼み、塗り替え、または葺き替えを行いましょう。
・サビが発生している
塗装の保護機能がなくなり、金属が酸素と水に反応してサビが発生します。
塗り替えを行う前にサビを削る作業をする必要があり、サビが広範囲だと塗替え費用が高くなります。
サビを発見した場合は範囲が小さい内に塗り替えを行いましょう。
・塗装が剥がれている
塗膜の劣化が進み、塗装と屋根の一部がボロボロと剥がれてしまっています。
このようになると風や雨によってどんどん屋根から落ちていきます。屋根がむき出しの状態になっており、屋根の劣化が急激に進むので、すぐに塗り替えの相談を行いましょう。


屋根塗装の費用
塗り替えを行う場合に大事になってくるのは自分の屋根にあった塗料を選ぶことです。

塗り替えを行う上でポイントとなるのは屋根の耐用年数にあったグレードの塗料を選ぶことです。
屋根の耐用年数が長いのに、グレードの低い塗料を選んでしまうと、何回も塗り替えを行う事になり、結果的に費用が多くかかってしまいます。
そうならないためにも、ご自宅の屋根の耐久年数、塗料のグレードによる差を認識し、何年間隔で塗り替えを行っていくか計画を立てる必要があります。

屋根の耐用年数、塗料の耐久年数がわかったら次にランニングコストを考えます。
例えば新築から10年経って塗り替えが必要になったセメント瓦屋根があったとします。塗り替えをシリコン塗料(10年耐久)とフッ素塗料(15年耐久)で考えたとするとシリコン塗装工事が120万円、フッ素塗装工事が150万程度かかったとします。セメント瓦は耐用年数が40年なのでシリコン塗料の場合だと3回の塗り替えが必要ですが、フッ素塗料の場合は2回塗り替えで十分です。

初期投資はフッ素塗装工事の方が高いのですが、長い目で見ると総費用はシリコン塗装工事の方が高くなるのです。
このように、塗料を選ぶ場合は残りの屋根の耐用年数にあったグレードの塗料を選ぶことが良い塗り替えにつながります。
 

まとめ
今回は屋根の塗装の劣化を防ぐ観点からご説明させて頂きました。
屋根塗装は耐用年数や希望する機能など、予算に応じてできること、できないことがありますので業者さんとしっかり相談することが大切です。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら