仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

塗屋ブログ

ブログ

住まいの小さなDIYでできる提案リフォーム01

DIY
リフォーム工事とは大きなお金が必要と思われがちですが、そうでもないんですよ!
私も休日にはホームセンターでブラブラと売り場を見て回り、コレは、こうすると、こんな感じに出来るんだろうな。とか、この材料をこの材料と組み合わせて使うと安く仕上がりのいいものが出来るな。とか。
アイデアをふくらませながら楽しんでいます。
気づけば3時間くらい見て回っていたりします。

小さなDIYとは、和室の障子がありますよね?
その障子の骨組の木枠をペイントして障子も無地から少し変わった模様の障子紙に貼り替えるという小さなリフォームです。

(和室のプチリフォームの手順)
1、古くなった障子紙をきれいに剥がします。
2、骨組の木枠を軽く絞った雑巾で清掃します。
3、ペイントが垂れても大丈夫なように床の上に古新聞を敷き、床を養生します。
4、お好きな色に骨組の木枠をペイントします。


私は古民家風が好きなので、いつも濃い茶色や黒色系になってしまいますが、障子紙とのコントラストが素晴らしいと思っています。

ペイントした骨組の木枠がしっかり乾燥しましたら、お好きな模様の障子紙を貼っていきます。 
私はプラスチックの障子紙を選んで貼ったりします。
耐久性がありますし、変色もしないので後々、楽が出来るからです。
プラスチックの障子紙の場合は、ノリではなく接着剤で接着しますので、お間違えなく。

これで小さなDIYリフォームの一つが簡単に出来ましたよね!

意外にやり出すと楽しいですし、和室の雰囲気も変わりますから素敵ですね。
一緒に障子の敷居滑りも交換するとスムーズに開閉できるようになりますよ。
一日で出来る、小さなDIYリフォームでした。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら