仙台 リフォーム 塗装 - 株式会社 塗屋

塗屋ブログ

ブログ

瓦棒トタン屋根にはカバールーフ工法で新しくできるんですよ!

修理・補修
昔からある瓦棒トタン屋根。比較的に屋根の勾配が緩やかな屋根に採用されているのが一般的になりますが弱点があります。







30年以上前の屋根材であり屋根材自体が近年のものより耐久性が低い。

屋根材の塗装自体も耐久性が経過しているため再塗装を塗り重ねても限界がある。

寄せ棟の部分に棟笠木がなく、重ねて折り込まれているためゴミが入り雨水を吸水して雨漏れがしやすい。

定期的に再塗装していて、どの部分から雨水が内部に浸透しているか判明しずらくなっている。

塗装の剥がれた部分が素地までみえる場合は、塗装面の剥離症状が発生しているので再塗装しても剥がれないという保証ができない。

このような場合はカバールーフ工法にて屋根のリフォーム工事ができますので安心してください!


既存の雪止金物を全部撤去します。
軒先の屋根材をカットして唐草板金材と呼ばれる屋根パーツ材を撤去します。

既存の屋根に新しい防水シートを重ねてしきます。

既存の屋根の形状に加工成型した新しい鋼板屋根材を重ねてしきます。

新しい下地材をベースに取り付けて棟笠木材を取り付けます。

下屋根の部分の場合はカベ側には雨返板金というパーツが取り付けします。
取り合いの部分は高耐久性のシーリングにて充填して仕上げます。

カバールーフ用の雪止め金物を新しく取り付けます。

新築と同じ状態で仕上がります。
工事期間の目安は3〜6日です。
屋根材自体もメーカーの保証がつきますのでとても安心です。





カバールーフ屋根工事は既存の屋根をはがさずに工事をするので工事中の急な雨降りを心配しなくて大丈夫ですし、廃材費用も少なくコスト面にすぐれています。
屋根も二重構造になるため雨音などの軽減や断熱効果も期待できます。

費用面は一般的に塗装工事の3倍程度と高額にはなりますが費用対効果はかなり期待できそうです。
オススメのリフォームになります。

*カバールーフ工法は既存の屋根に重ねていくため雨トイの雨水の飲み込みが変わる場合がございます。その場合は一緒に雨トイも交換になります。
その点は、ご相談の際にお知らせしますのでご安心ください。



屋根工事には、ご加入されている火災保険によっては適用できる部分があります。
保険にて費用の一部が支払いされる場合があります。
ご自身のご負担が軽減できるケースもありますので、塗屋にて申請代行もしておりますのでご相談ください。

見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら